ロシア ユダヤ自治州でのユダヤ人の増加理由

 極東ロシアのハバロフスク西側にユダヤ自治州が存在しており、現在は自治州のユダヤ人が増加しているという。その理由は、将来の変化を見据えた準備のための行動であり、ユダヤ自治州はそのための拠点的な地域となる。地図を見てみるとロシア ユダヤ自治州から南下していくと中国黒竜江省~吉林省・ウラジオストク~北朝鮮に至る。
 どんな将来変化があるかは、本ブログを見ている読者の皆さんはピンと来るモノがあると思う。それは近い将来に朝鮮半島の統一があり、遠くない将来に共産党中国から各省または軍区毎に分離し、共和制中国になるということである。ユダヤ人達は変革を推進するための工作と変革後の国家に対する食料と鉱物資源の利権を獲得するための準備を進めているのである。しかし、朝鮮半島は重視していないようである。もちろん中国共産党政府も、この動きは知っており、なんらかの手を打ってくる筈であるが上手くいくかどうかは不明である。通常の国家は情報を基に何か対策を取るものであるが、日本は脳死なのか何もできない国で非常に悔しい思いだけが沸き起こる。
 その他、約10年前のグーグルマップでは極東ロシアの地図をある程度縮小しても「ユダヤ自治州」と表記されていたが、現在は地図を拡大しても縮小しても表記されず、地図をクリックして初めて「ユダヤ自治州」という言葉が別枠として出てくることは、現時点であまり知られたくない名称であると推測できる。地図の表記変化だけでも情報なのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 6 =