日本で若者の癌患者が増加している理由

 菅首相は所信表明演説で「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す。もはや、温暖化への対応は経済成長の制約ではありません。積極的に温暖化対策を行うことが、産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながるという発想の転換が必要です。鍵となるのは、次世代型太陽電池、カーボンリサイクルをはじめとした、革新的なイノベーションです」と述べているが、過去に述べたとおり人間の身体を劣化させる主な要因は電気を使用する事で発生する電磁波なのである。
 我々は普段からテレビ、ラジオ、無線機、レーダー波、携帯端末、基地局、送電線、家庭用電力網等から常に電磁波を浴びており更に食品添加物等により身体の細胞は劣化し続けている。これが癌細胞を生み出す事になり、父母の世代から、現世代、子供の世代になるに従い更に身体の劣化が進み、電磁波の影響が顕著になるため様々な種類の癌が20代の若者に発生しているのである。そして薬に頼る治療により正常な細胞も弱っていくという悪循環になる。
 しかし、我々がクリーンエネルギーと認識している電気はクリーンではなく地球のコアにまでも影響を及ぼしているのである。解決するには今よりも不便な昔の生活に戻る事が人間の身体にはベストである。しかし最近の夏は異常な暑さでありエアコンは必需品であり、金儲けを第一とする現代の社会構造では昔に戻る事は無理であり、快適な生活を経験した我々は不便を感じる生活に戻る事は出来ないと思われる。この為、次の世代では今よりも身体の劣化が進み、現在の20代の癌患者から小児の癌患者へと移行すると推測される。
 この様な事を踏まえて最小限の電気使用にする為にも支配層の者達は人口削減に動くのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です