イラン人科学者の暗殺関連

 2020年11月27日、カイロ時事によると、イランの核開発で中心的な役割を担ってきた科学者のモフセン・ファクリザデ氏が首都テヘラン近郊で何者かに暗殺され、殺害方法はイスラエル製の遠隔自動機関銃を使って無人で行われ、3分間で完了していたと伝えた。最高安全保障委員会の事務局長シャムハニは30日「首謀者はイスラエルで、在外の反体制派組織も加担した」と主張。イランは報復を宣言しているが、イスラエルは暗殺に対する反応を示していない。
 今回の実行犯はイスラエル人であるが他国と契約した人物であり、イスラエルは直接関与していないため反応を示していないのである。
 そしてイランの情報網は欧米に匹敵するだけの凄いもので、12世紀頃からその実力は確かであり、情報収集には宗教と商人を使う事が多い。欧米がイランを叩くのはペルシャ帝国時代の力を知っているため、再び頭をもたげて来ないようにしているのである。
 今後、イランの報復は、メリットとデメリットを考えた上で実行するか否かを決定するが、こちらとしてはイランが報復することのメリットとデメリットが何であるかを掴んでいないため、詳しく述べる事が出来ない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =