新統治体制の日本はこれまで通りの皇室と国民の自由な生活は可能なのか

 2021年11月8日現在の情報では、新統治下の東日本は現在の生活と大きな変化は無いと聞いている。ただし、移民者のレベルに合わせる為なのか東日本の生活レベルはあまり向上しない様である。この頃、西日本も生活レベルは東日本と同じである。
 皇宮も東と西に分かれる為に宮内庁も東と西に分かれる事になると言う。ここで北朝系天皇と南朝系天皇はどちらが正統なのかという事が出ると思うが、どちらが正統なのかは不明であると言う。
 今上天皇のお子様は愛子内親王殿下お一人であり、皇室典範に関して有識者会議で安定的で望ましい皇位継承のための方策の中で女性天皇に関しても話し合いが行われているが、纏まっていない。纏まらないと言うことは纏める気は無いという事である。
 現在の皇位継承順は1位が秋篠宮さま、2位が悠仁さまであるが、真子さんの結婚を機に秋篠宮家に対する国民の評価は落ちている。しかし、これは問題にならないのである。南朝系の天皇が在位出来なくても、その頃には北朝系天皇が既に存在している事から北朝系天皇で統一出来る為である。
 新情報機関は今よりも強くなるが立ち位置は同じである為に、現在よりは少しだけ良くなるレベルである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 4 =