スプライト(超高層雷放電)が以前よりも発生が増加している意味とその影響及び太陽フレアによる影響

Views: 88

 スプライト(超高層雷放電)は高度約50〜80kmで発生し、電離層が50~500kmと言われている事から電離層の下部で発生している。
 一般的に赤色の放電発光であるが青色、白色のものも存在する。見た目は綺麗なスプライトであるが、長い期間で見た場合には地球上の生命活動に影響するものである事に気付いていない。実は太陽フレアも同様の影響を地球に与えている。
 今回は、スプライトと太陽風が地球にもたらす影響とスプライト発生の主要要因について述べていく。

PAGE TOP