中国国内での暴動はどの様に推移するのか

Views: 49

 2022年10月末からイギリス・アメリカは中国国内の政治組織と連携して中国国民に叛習近平工作を仕掛けている。
 この工作の動きにリンクしているのが以下の①~⑥である。

 ①中国ハロウインターナショナル校は北京、上海、海口、珠海、南寧、重慶、深圳、香港に設立されている。
 ②与那国島には、2023年までに電子戦部隊が配置され、南西諸島4か所にミサイル部隊を配備する。
 ③日本の借金はこれから更に増大していく。
 ④サウジ皇太子が11月の訪日を中止して韓国を訪問し、エネルギー分野での協力強化に合意した。
 ⑤アメリカはサハリン2から産出される原油を日本に輸出する事を2023年9月30日の午前0時01分までの期限付きで許可した。
 ⑥中国は12月から大規模なロックダウンをしない政策に転換し、各地に収容所を建設している。

 イギリスとアメリカは最終的にどの様な目的の工作を中国に仕掛けているのだろうか?

PAGE TOP