ブリンケン国務長官の中国訪問による協議は失敗したが4月のマクロン中国訪問前から中国の米中協議の方針は決定していた

Views: 41

 2023年6月18日、ブリンケン国務長官は北京に到着したが出迎えは担当職員のみで高官は出迎えに来ていなかった。
 その後、秦剛外相との会談が行われたがアメリカ側は会談のいかなる点についても合意に達する事はなく、中国もアメリカからの要求は全て拒否している。
 会談の中で秦剛外相は「米中関係は過去最悪の状況にある。今の状況は米国の利益にも中国の利益にもならない。」と発言した。

 この中国のアメリカに対する対応は3月の時点で決定していた。中国がアメリカに対して強行に出る決定の裏には何があったのであろうか? そしてアメリカはそれを把握していながらなぜ訪中したのであろうか?

PAGE TOP