アメリカNASAのUAP目撃者からの情報収集

Views: 38

 2022年4月、国防総省は、国家安全保障の脅威となる可能性がある物体を調査する事を目的に「全領域異常解決局」を設立した。
 同年6月、NASAは科学的観点から問題を独立して調査する研究プログラムを始める事を発表した。

 2023年7月26日、デイビッド・グルーシュ(空軍と国家地理空間情報局で情報将校として14年間勤務)は内部告発者として元戦闘機パイロット2名と共に下院監視委員会の国家安全保障小委員会に証人として出廷し「行政府機関がUAPまたはUFOとして知られる未確認の異常現象に関わる謎の物体に関する情報を何年も秘匿して来た。」と発言し、また「数十年にわたるUFO・UAP(未確認航空現象)のクラッシュ回収およびリバースエンジニアリングプログラムについて知らされた。」と語り軍がUAP情報を隠蔽している事を述べている。

 現在NASAはUAP目撃者から話を聞くために学者を通じて目撃者情報を集めているが順調ではない様である。

 今回は、NASA(アメリカ)のUAP目撃情報を集める目的について述べる。

PAGE TOP