西側の要人が4月に中国を訪問した理由

Views: 35

 2024年4月14日、ドイツのショルツ首相は重慶を訪問し、ロシアのウクライナ侵攻をやめさせるため中国に積極的な対応を求めるとともに、両国の経済関係について協議した。
 2024年4月24日~27日、ブリンケン国務長官は上海と北京を訪問し台湾情勢について協議するとともに、中国が海洋進出の動きを強める南シナ海について意見を交わした。
 2024年4月28日、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者は北京を訪問し李強首相ら中国政府の要人と会談して高度な運転支援機能を中国で展開する暫定的な承認を確保した。

 表題と異なるが、2024年5月6日、習近平国家主席はフランスのパリでマクロン大統領や欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長と会談し、フランスは貿易不均衡を是正するとともに、ウクライナ侵攻を続けるロシアに影響力を行使するよう求めた。
 
 なぜ、西側主要国は中国と会談してウクライナ侵攻をしているロシアに影響力を求めているのだろうか?
 最終的に西側が企図する狙いは何か?

PAGE TOP