ウクライナにおいてNATO正規軍人とロシアは既に戦闘状態である。ストームシャドウ・ミサイルの使用にロシアはどの様な反応をするのか、ロシアが状況判断する際の情報源は

Views: 37

 2024年5月29日、のストルテンベルグ事務総長やヨーロッパの一部の国の首脳からウクライナに供与した兵器の使用をめぐる条件などを撤廃しロシア国内を攻撃することを認めるべきだという意見を出している。
 フランスのマクロン大統領は、ウクライナへの攻撃に使用されているロシアの軍事施設に限って攻撃を容認すべきでウクライナへの攻撃に使われていない軍事目標などへの使用は、認めるべきではないという考えを明らかにした。

 27日、ウクライナのシルスキー総司令官は、フランスが兵士を訓練する教官をウクライナに派遣する計画があると発表したが、フランス側と調整されないまま一方的に発表されたため、フランスはコメントしていない。

 2024年5月30日i、ポーランド、フランス、イギリス、ドイツはウクライナに対し、NATOの兵器でロシア奥深くの標的を攻撃することを承認し、イギリスはロシア領内の標的を攻撃するためにストームシャドウ・ミサイルを使用することを許可した。
 しかし、ウクライナの兵士は不足しており、身体的発達の遅延と軽度の知的障害を持つダウン症の者まで徴兵し最前線に送り込んでいる。
 この様な状態のウクライナにNATOの兵器を送り込んで使いこなせると思うのであろうか。

 ウクライナにNATO正規軍人が入ってロシアと戦闘しているとはどこの国が実行しているのか?
複数の国が正規軍人を入れているのか?
ストームシャドウ・ミサイルを使用されたロシアはどの様な反応をするのか?
ロシアの状況判断・決心に必要な情報の情報源は何処に植え込まれているのか?

PAGE TOP