北朝鮮の韓国に対する活動の目的

Views: 40

 2024年5月29日、韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮からごみや汚物などが入った大量の風船が飛来したと発表した。風船の数は少なくとも260個以上であり、更に6月8日から10日にかけても汚物等の風船を韓国に飛ばした。韓国軍によれば、計640個の風船が確認された。
 北朝鮮の金与正朝鮮労働党副部長は9日付の談話で、風船1400個に約7.5tの紙くずをぶら下げて韓国に飛ばしたと述べた。

 韓国政府は、北朝鮮が再び汚物等の風船を飛ばしたことで、9日午後、軍事境界線付近で大音量のスピーカーにより北朝鮮に対する「宣伝放送」を6年ぶりに再開した。

 2024年6月11日、韓国国防総参謀本部は北朝鮮の兵士20名が先週末(日曜日)、南北軍事境界線(DMZ)を一時侵犯したため、警告射撃を行ったと明らかにした。
 参謀本部関係者は「現時点ではDMZ内では植生が密集しており軍事境界線ははっきりと見えない。どうやら誤って侵入したようだ。」 と発言した。

 北朝鮮は韓国に対し何を目的に活動しているのか?

PAGE TOP