変えられてしまった日本人

 これまでの日本流のやり方が変わり宗教、哲学、思想、人間関係、倫理観等全てが薄れ政府や地方行政も将来への思想がなく潰れる直前の様な社会となっている。
 昭和後期から平成にかけてテレビゲームがはやり、その後携帯からスマートフォンへと移行し電車での移動、休憩時間等には常にスマホをいじっている。これでは脳も常に動き続け本来の思考する機能は失われる訳である。
 TwitterとFacebookは米軍の思想誘導兵器でありスマホからの電磁波とともに脳に影響を及ぼしている。また、日本人に考えることを停止させるためテレビ番組はバラエティー番組がほとんどでニュース番組も重要な事は報道せずどうでもいいニュースのみを放送することとなった。
 本来の日本人はUFO、スピリチュアル(spiritual)的なものにもある程度理解をもっていたが心霊番組等で持ち上げ落とされるを繰り返され今では話題にすればバカ扱いされる時代となった。支配層の上になればなるほどスピリチュアルな面を重視している。UFOも地球外の飛行物体ではなくこれまでと概念の全く違う米軍の最新航空機なのである。そして今、日本人は支配層に都合の良い人種となり政治家、官僚、起業家、平民まで自分が良ければ、今が良ければ、金を儲ける事ができれば良いとして自分たちの財産を外国に奪われ続けている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + eleven =