アフリカでのCOVID-19感染拡大が世界にもたらすもの

 ニュース報道では、アフリカでのCOVID-19感染者数は1万人を超えたと言われているが、検査キット等が不足しているため実際の感染者数は10万人は軽く超えている。
 WHOは支援を呼びかけているが、中国からの寄付金の恩恵で、把握した感染者は少なめに報道している。
 欧米での感染者数はピークを越えたと言っているが、変異によるウィルスの影響で再び感染者が増加することになる。日本はこれから増加し、南米でも感染者が増加している中でアフリカも医療体制の遅れから爆発的に増加する。
 そうなれば、医療用マスク、医療用器材を中国に頼っている国は更に入手することが困難になり、再感染者数も増加するのは当然である。
 危惧されるのはアフリカからステルス感染者が欧米等に行く、あるいはステルス感染医療関係者が帰る場合にも新たな変異ウィルスの感染が広がることで1年半で終息は難しいと言える。もともとが生物兵器として開発されたウィルスのため当然の結果である。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 1 =