COVID-19に対する薬は西洋方式よりも東洋医学に近い方式が良い

 我々が接している情報界内部だけで囁かれている話は、COVID-19に対する薬は罹患した後に使用する薬よりも予防薬としての薬の方が効果があると言われている。また変異ウィルスが4種類あれば西洋医学が得意とする化学で作った予防薬では抗体ができない。
 東洋医学(中国、インド)に近い方式では4種類のうち、4種類全ては無理であるが、2種類の抗体を作れるということである。
 抗体を獲得する為には、4種類全てに罹患して治癒すれば理論上可能であるが、健康状態、体質、年齢によって状況は大きく変る。幸運なことに3種類に罹患して治癒し抗体ができたとしても最後の1種類に罹患して抗体ができずに死亡する場合もあると言うことである。全て個体差によると言われている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 2 =