欧米で発生している川崎病とは

 【ローマ、ロンドン、ジュネーブ共同】新型コロナウイルスによる甚大な被害が出ている欧米各国で、主に乳幼児がかかることで知られる「川崎病」と診断されたり、似た症状を訴えたりする子供が増えていることが分かった。医師らは新型コロナが引き金になっている可能性を指摘、集中治療が必要なケースもあるという。各国メディアが30日までに報じた。
 川崎病は全身の血管に炎症が起こり、目の充血や発疹などの症状が出るのが特徴

 欧米で発生している川崎病は、COVID-19の第2波であり一部が変異したウィルスによるものである。この様に感染被害の峠を越えたと思われる後に、再び別の種類のCOVID-19により感染が拡大することが、このウィルスの怖さであり、まだ別の種類が存在する。
 北海道でも第2波のウィルス感染が始まった可能性がある。

関連情報 COVID-19の感染が落ち着くのは1年半では厳しい

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です