日本で黙々と活動する中国人工作員についての断片的な情報

 ヨーロッパ系の情報機関員の話では、日本国内には移民・就業・留学等としてかなりの中国人が存在している。その中で、黙々と工作員的に動いていると判断される多数の中国人がおり、アジト的住居も多数存在しているようである。特に日本の大企業にも存在しているが、彼らの就職にあたり手引をきした日本人がいるとの事である。
 彼らの活動目的は何か?と尋ねたところ、沈黙を保ち何も言わなかった。こちらで推測できる範疇では今後の移民のための活動ではないかと考えるが全く不明である。
 ヒント的に教えて貰った話の中に、仮に中国が共和制国家になったとしても活動は続くとのことであり、共和制国家になった場合、日本で活動をする上で重要となる地域は新中国国家の中原であると言う。
 では警察はどうしているのかというと、全く動いていないという。この理由も何となく分かるが、上から中止の命令が出ているものと判断する。私自身、過去において海外の工作員と思われる人物を調べようとすると必ず上から中止の命令が来た。日本という国の体制はトップが海外の工作を受けてしまっているという事の証明である。これに関して続報が入ればお伝えする。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =