支配層に属する人物達の精神性

 皆さんは支配層の上位に属する人物達のイメージと言えばスーパーリッチで社会的にも高い地位を持つ人達のイメージを持っていると思うが、実は普通の国民として喰うに困らないだけの金銭を得て質素な生活をしている様である。スーパーリッチの連中は上位から4~5番目に位置するロスチャイルド一族、世界的多国籍企業等に属する人物達である。
 大きな違いは上位に位置する人物達は質素な生活(菜食主義者か?)をして精神的にも身体的にも現代人の様に劣化していないためスピリチュアルな世界のヴィジョン、英知を手に入れることが出来る能力を保持している。以前は能力的にも思想的にも日本人が持っていたものであるが、これは戦後アメリカからの指示を受けたマスコミにより無いものにされてしまっている。
 そんなスピリチュアルな世界などバカな話はないであろうと思う人がほとんどであると思う。しかしDNAの螺旋構造で1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞したジェームズ・デューイ・ワトソンとフランシス・ハリー・コンプトン・クリック及び途中で亡くなったために受賞できなかったロザリンド・フランクリンはDNA研究のために南米でシャーマンに頼み込み薬草によるトランス状態を体験し、その中でDNA螺旋構造のヴィジョンを3人とも見てヒントを得ているのである。欧米の研究者は薬草(麻薬)を使用してまでトコトン突き詰めるが日本人は思考の範囲が狭いのかそこまですることはない。まさに精神性の違いである。
 では、支配層に属する上位者の精神性は神に属するのか、悪魔に属するのかという疑問が湧いてくる。彼等が下位者に出した指示は、要約すれば現在の地球環境を維持するために人類の間引き、つまり人口削減である。一見すると人類の殺戮であるため悪魔的に見える。しかし悪魔的に考えれば今の状況を放っておけば地球が激変し人類は滅亡する事になるため彼等は間違いなく悪魔に属する人物達ではないと言える。しかし、神に属するのかと問われれば、分からないとしか言いようがない。
 日本の日月神事にも神の大掃除、これから始まるぞ、との記述もあるので何らかの共通点はあるのかもしれないと思われる。
 次回は、人口削減についての記述をしようと考えている。

Follow me!

支配層に属する人物達の精神性” に対して1件のコメントがあります。

  1. エリザベス より:

    いいね!がなぜかつけられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − sixteen =