日本の科学者で新型コロナウイルスを解明している者はいない

 これまで「COVID-19」を使用してきたが、今後、初期のものとは性質が変化してくる可能性があるため「新型コロナウィルス」に戻すことにする。
 現在、新型コロナウィルス研究に関わる日本の科学者は誰も新型コロナウィルスを解明していない。ウィルスとしてどの様な動きをするのか、感染者の免疫反応はどの様な働きをしているのか、海外の研究者からは遺伝的に幅広く性質の異なる傾向が見られるとの報告がなされているが、日本の科学者からはウィルスの遺伝子変異が起きているとも、いないとも何も発表がなされていない。
 新型コロナウィルスは単なる感染症ではなく進化して変異するウィルスなのである。この部分を明確にしない限りワクチンの開発・接種は危険を高めるだけになる。
 抗体依存性感染増強と呼ばれるもので、ウイルスから体を守るはずの抗体が、免疫細胞へのウイルスの感染を促進させ、免疫細胞の暴走により症状を悪化させる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です