小池都知事再選後の東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長との会談

 小池都知事は再選後、テレビ報道では最初に新型コロナウイルスに関連し「CDC(米疾病対策センター)の東京版の創設」と東京五輪・パラリンピックについては「簡素化、費用縮減を進め、都民の理解を得られる形で進める」としたが、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長と会談でオリンピック開催を最初に話している。本来であれば安倍首相と会い次に森喜朗と会うのが筋であるが、今回は逆である。
 政府も都もオリンピックは開催したいが、金は使いたくないというのが本音であり、開催により経済的にも一気に挽回したいという腹積もりであるため、政府も東京都もIOCが決定する今年の10月までは動く気は無いようである。
 その理由は、日本人の特性として指示がなくとも自分に関係する部分は先読みして動くため、オリンピック関係業者は自主的に動き出すことになる。そしてオリンピックが中止になっても業者が勝手に動いたのであり政府も都も救済する責任は無いと言い張るつもりである。政府も都もサギ集団の様なものであり、中止になればオリンピック業者の多くは倒産に追い込まれる。それ以前に新型コロナウィルスを押さえ込む事が出来るのであろうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =