地勢的に重要な日本、中国、ロシア

 ユーラシア大陸の東に位置する日本、中国、ロシアが組むと東南アジアを含めたユーラシア大陸には巨大な勢力圏が出来上がることになり、西側と呼ばれる国々は困ることになる。
 経済的にはユーラシア大陸から欧米企業は閉め出されることになるため利益を上げられなくなる。そして軍事的にも工作を仕掛けて当該地域での戦争と紛争を起こすことが困難になるためである。実は経済を動かすのは戦争と紛争なのである。
 しかし日本の現状を見る限りでは中国とは尖閣問題が存在し、ロシアとは北方領土問題が存在している。そして、日本はアメリカの言いなりであり、とても友好的に日中露が組むことは難しくなっている。ここが重要なのである。
 欧米は、自らの利益を守るため日中露を組ませなくするために様々な工作を仕掛け続けているのであり、領土問題もその一つである。
 ソ連が崩壊しロシアになった際、エリツィン大統領の時に北方四島が返還される話があったが、返還されずに現在に至っている。当時、アメリカの横槍があったためである。白人国家は自らの利益を守るためには同盟国であろうが何でもするのである。それ故にこの事を自覚して欧米と付き合っていく必要がある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です