過払い金を防ぐ為には

 国民生活も新型コロナウイルスによる経済活動の低下により、解雇されたり賃金の低下が言われる昨今であるが、確実に消費は低迷している。しかし生きるために買わなければならない物もあるため、ローンを組んででも買うのであろうか。そのためかテレビでは弁護士事務所の方が過払い金の払い戻しに関するCMを出しているが、面白いことに一括払いでは過払い金が発生しない。ローンを組むと発生するとの事であり、最小金額は大体5~10万円からのローンで過払い金が出てくるとのことである。
 正確な金利等は不明であるが、仮に50万円の買い物でローンを組めば55万円を支払うことになり、5万円は金利なのか手数料が含まれたものか分からないという。法律で事細かに決めれば良いのであろうが、規制はしないのである。それは数が多くなった弁護士の仕事が減るため、過払い金の払い戻しの仕事を弁護士に与えている様な感じを受ける。日本の経済システムはよく考えられているのか、一般の国民が損をする様になっているのである。
 経済活動が低下し賃金の格差が拡大する中で、少しでも損をしない様に努めてローンを組まない。組む場合の金額、支払回数も良く考えるべきである。
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です