アメリカの内部混乱は、いつ頃どういう形で落ち着くのか

 今、アメリカの政府及び国内のいたるところで対立が起こっている。2020年の春頃から拡大している新型コロナウイルスの感染者数及び死者数の拡大、中国との対立によってアメリカ国内には中国の資金援助を受けた左派勢力と国内保守派による対立、更にディープステートと呼ばれる影の政府と呼ばれる勢力や国家内部における政府と重複するシステムを持つ政府内政府とでも言う様な勢力と正規な国家体制との対立、白人警官による黒人男性暴行死事件以降には暴動も各地で発生してきた。
 しかしながら、政府としてこれらの国内対立を押さえ込もうとしているわけでは無く国内各勢力のガス抜き的な動きを容認しているのである。日本と違いアメリカは何かあれば危機に対して国民は一つにまとまる力が強いため時期が来れば政府として内部混乱に介入することになる。
 その時期とは、中国の海のシルクロード(一帯一路)に関連し、将来的に発生するインドとパキスタンの紛争が拡大する場合である。困った時には自作自演が得意な国であるため、軍事的な演劇が演出されアメリカ国家は一つにまとまるのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 20 =