三浦半島の異臭騒ぎと海底プレート

 2020年5月下旬以降から三浦半島では、硫黄の様な臭い、ゴムが焼けた様な臭い等の異臭がするとの通報が最近まで消防に複数回あり、原因が不明であるとのことである。
 海外の情報関係者は「日本列島を押しているそれぞれの海洋プレートは何層にもなっており、10枚のプレートで一つの厚いプレートを構成している場合もあり、ジグソーパズルの様でもあり、プレートが動くと隙間から溶岩流等のガスが発生し海面に出た後に風で陸地に運ばれて異臭騒ぎとなっていると思われる。ただし、海流と風向が複雑に関係するため、今の技術ではガスが発生している海底の場所を特定できない」と発言した。彼等は地震学者でもないのになぜその様な事を知っているかは、日本に地震被害が発生した場合の被害見積りと自国の経済的戦略オプションを採る為の情報を集めているからである。
 メタンガスは臭いがなく、火山性の溶岩流は臭いがあるが火山の場所により内容物が違うため、臭いは違うということらしい。つまり日本列島の太平洋側の海底プレートは活発に活動していることになる。そう考えると最近の台風は赤道よりも遙かに日本に近い場所で発生しているのは海水温度が高いということであり、ホットプルームが発生している可能性が高く、プレートも動いているということである。
 もしかすると関東地域での地震発生が近いのかも知れないため、十分な注意が必要と思われる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です