新型コロナウィルスによる死亡者の増加時期

 ヨーロッパ主要国の新型コロナウイルスの感染者数は増加し続けているが、2種類目のウィルスの他に3・4種類目も散布されたとのことである。現在は計4種類のウィルスがベースとなって感染を拡大し続けているが、4種類とも人に感染する時に変異しており、インフルエンザウィルスと結合するものも出てくるという事である。厄介なことに4種類目は本当に未知のものである可能性が高い様である。
 現在、感染者が多いのはアメリカ、ブラジル、インド、メキシコ、ヨーロッパの順であり、中国は感染者が増加していない様に見えるが、地方都市部の感染は増加している。
 新型コロナウイルス感染者は一時的に免疫を獲得するが数ヶ月で消えるため何度も感染すると述べてきたが、4種類のウィルスも変異し続けるため何度も感染が起こる。しかし人体の不思議と言うのか遺伝子配列によっては4種類目のウィルスに感染しない者も出てくるということである。
 本題の死亡者の増加時期は2023年以降に増加すると見積られている。だいぶ前に述べているが新型コロナウイルスを発生させた目的は人口の削減が第一で経済の破壊が第二であるために、災害と複合した死者及び経済的な理由で自殺する死亡者も増加するのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 1 =