中国の共和制に向けた動きへの指示は秘密結社にはまだ出されていない

 2020年末から2021年始にかけて中国国家主席である習近平が脳動脈瘤の手術のため入院したが、その際にも中国国内の秘密結社には共和制国家に向けた行動開始の指示は出されていない。当分は現体制のまま継続する様子である。
 中国国内には青幇、紅幇、白蓮、その他系列の秘密結社が多数存在し、白蓮は既に一部が動き始めているようであるが、本格的な動きにはなっていない。
 秘密結社の反体制活動イメージと言えば反体制派の人々を集め煽動し暴動を起こすというものであると思うが、現代の秘密結社の活動は、当時の天安門事件の様な大規模な動乱を起こすことはない。一部では自発的な人々により暴動は発生するであろうがそれだけでは中国共産党政府を倒すことができない。現代の秘密結社では指導者の下に国家予算以上の金が集まり、それが中国経済を崩壊させるために使われるのであり、暴動を起こす準備の様に事前情報として政府に察知されることはないのである。ある日突然に始まる事になるであろう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + fourteen =