情報を伝達する未知の素粒子

 過去、科学者達は面白い実験をしている。十数組の双子に対する実験であるが、例えば双子の1人をアメリカに配置し、もう1人をヨーロッパに配置する。2人には同じ時刻に同じ内容の質問をするのである。全ての双子のペアが同じ反応をするわけではないが、数組のペアは実験結果からアメリカとヨーロッパで距離的に離隔しているにも関わらず相互に通信をしているとしか考えられない実験結果が出ている。そしてこの様な成果は金儲けの手段となるため、大概隠されるか、実験の成果は無かったとして公表されるものである。
 原理は不明であるが世間ではテレパシーと言っている。皆さんも気功師と呼ばれる人が、離れた部屋で相手が描いた図形あるいは数字を読み取るという実験をテレビで見たことがあると思う。
 これが宇宙空間と地球でも可能なのかと問われれば、答えは可能なのである。
 支配層のトップである数名は地球上の各地に分散して住んでいるが、支配層メンバー達とは上記の双子の実験の様に通信をしていると言う。現代人が使用する電話、メール、無線では指示を出す前に、支配層の配下で動いている傍受任務を持つ組織を通じて漏洩する事を防止する為である。逆に言えば、その能力が無いものは支配層には選抜されないのである。
 そして彼等は宇宙から来る意志もキャッチし通信していると言う。宇宙空間で意識を伝達する物質はテレパシーと呼ぶものとは違うらしく、便宜上「意志子」と呼ぶ素粒子であり何万光年離れていようが瞬時に伝達が可能であると言う。
 本来であれば人間誰しもが持っていた能力であるらしいが、環境汚染、電磁波、添加物の多い食事、農薬、薬等により人間は劣化していった事でその能力を失った。支配層トップ達は信頼する農家に野菜を作らせ野菜中心の質素な暮らしであるという。昔の精進料理に相当すると思われる。
 日本人には理解されにくいと思われる内容であるが、この様な内容になると欧米からのアクセスが増加するのは興味深いものである。この話はウソであると思う人はその様に思えば良いし、書いている人物は頭がおかしくなったと思う人もまた、そう思えば良い事である。情報を伝えているだけであり、情報の受け手と提供者が正しい、正しくないと議論をする事ではないのである。どうしても否定したければ否定情報を提示すれば済む事である。

Follow me!

情報を伝達する未知の素粒子” に対して1件のコメントがあります。

  1. mirai より:

    虫の知らせというか、テレパシーによる意識の共有という事は有るように感じている。以心伝心という迄は行かないが、丁度電話をしようと思っていたときに相手から連絡が有ったりという経験は誰にでもあるのでは無いだろうか。又、シャーマンにしても、巫女や神降ろしにしても、宇宙の意識とチャネルすることで、予見や示される事柄が現実とマッチする事で、その超越的な権威も生まれていく事と成ろう。昔から政には占いとか超能力者達のサポートが必要だと言い、米国大統領の周囲には色々な占星術師や超能力者がいたと言うし、日本や中国に於いても神事や仏事を通して、人の心や行動を制御したり、或いは天地に対しての力を行使しようとする試みは有ったのであろうと捉えている。又、或る組織においての会議は口から言葉を発せず、テレパシーで対話するのだと言うから、驚きである。子細迄伝達できるとすれば、それに勝る通信手段は無いだろう。人工知能が最近もてはやされているが、実は人脳を研ぎ澄ます事が、更に大きな影響を与えるのだろうと感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + eight =