2025年頃の日本は3分割統治される予定

 2021年7月23日現在の最新情報では日本の統治は大きく3分割される予定である。
 北海道、東日本、西日本の3ブロックに分割されるが、国境とでも言う境界線は現時点ではハッキリとしておらず、微調整の段階である。ただし、アメリカ合衆国の各州の様に直線で人工的な区分はしないとの事である。
 北海道はイスラエル系ユダヤ人とロシア系ユダヤ人による統治、東日本は統一朝鮮半島と共に金正恩による統治、西日本は今上天皇を中心とした体制の様であるが具体的にどの様な体制なのか細部は不明である。
 現在、北東北に位置する青森県、岩手県、秋田県は北海道に属する事は確実である。現在の岩手県と秋田県はそれぞれ南側県境は宮城県と山形県に接しているが、現在よりも国境(県境)は北側に移動する予定である。
 北関東は東日本に属するが、埼玉県南部は西日本へ、北部は東日本へ属する予定である。新潟県は西日本へ、東京都と神奈川県は微妙なところであり細部は不明である。
 単純に国境は山の稜線、渓谷、河川で区分するのではなく、地下の地質、断層等を考慮したものであり、日本人である我々が認識していない地下の状態も考慮していると言う。
 日本の軍事力である自衛隊に関して以前は分割地域毎に分割されると述べてきたが、現在の防衛省と自衛隊に影響力を行使しているアメリカが軍事力を統治する話が出て来ている。
 経済面に関しては現在の流通網と鉄道、空港、港等のインフラは国毎に通行料等を取って、現在のまま使用される。本来、国境通過にはパスポートが必要であるが、EU方式を採用してある程度自由に通過できる様である。
 居住移転の自由に関しては、統治後の流れを見て決定するが、国境を越えて大量の移住者が発生する場合には制限する予定である。
 何故なのかは不明であるが、西日本は災害が多くなると言っている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − seven =