宇宙空間に出た宇宙飛行士の一部は別次元からの生命体からアクセスを受けている

 2021年9月3日、情報提供者から宇宙飛行士の一部は宇宙空間に出た際に別次元からの生命体と思われる者からコンタクトを受け、その際に「我々はしてはならない事をしている。」と気付くらしいが、具体的には何をしてはならないのか不明である。コンタクトしてくる生命体は姿形もハッキリと認識できないという。
 そうするとNASAはこの宇宙飛行士を次のミッションから外す事になる。宇宙空間に出て帰還した以降に飛ばなくなった宇宙飛行士がいるはずである。初回でコンタクトを受ける者と何回も宇宙空間に出てもコンタクトを受けない者が存在するが、恐らく宇宙飛行士自身の精神性の違いだと思われるが、ハッキリとは断言できない。
 昔の人達は別次元の生命体が空中を飛行する時に使う乗り物を天使、きんとん雲、魔法の絨毯等と呼んでいた可能性もある。現代ではUFOと呼んでいる物である。最近のアメリカでは未確認航空現象(UAP:Unidentified Aerial Phenomena)と呼んでいる。
  2021年6月25日、「未確認航空現象に関する初期評価(Preliminary Assessment: Unidentified Aerial Phenomena)」と題されたUAP(UFO)に関する正式な報告書が国家情報長官局によって公開されたが、UAPの性質や意図について確かな結論を導くことが困難である。状況によっては国家安全保障上の問題にもなるとも述べられており核心となる部分は開示されていない。
 もしかすると政府としても隠しきれない転換期を迎えているのかも知れない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 6 =