中国が核攻撃専用機を含む航空機を台湾防空識別圏に向けて飛行させた目的

 2021年9月5日、英ガーディアンによると中国は核攻撃専用機H-6×4、戦闘爆撃機J-16×10、多用途戦闘機Su-30×4を東沙諸島から台湾の防空識別圏(ADIZ)に向けて飛行させた。
 台湾は9月13日から18日の期間、全部隊が参加する軍事演習「ハン・クァン」を実施する予定である。
 中国が台湾に侵攻するには時期的に早く、事前にアメリカも連絡を受けている事から習近平が切羽詰まって国民の目を外に向けさせるための軍事行動ではなく、台湾の軍事演習の前に行われる恒例行事である。
 今回の中国軍機を飛行させた目的は単なる挑発である。
 そして台湾情報部は中国と繋がっているために事前に情報を得ていたが、台湾政府は軍の緊張感を維持するために台湾軍には知らせていない。そしてアメリカもまた自衛隊の緊張感を維持するために政府にも自衛隊にも中国軍機の飛行を知らせてはいない。
 これまでに本ブログが提供してきた中国とアメリカの関係、台湾と中国の関係、アメリカと日本の関係を見れば当然の動きである。
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − twenty =