北朝鮮の制約が解除された

Views: 56

 2024年1月5日、北朝鮮軍は韓国との係争中の海上国境に近い黄海の西海岸沖で200回の砲撃を実施した。砲弾は全て延坪島付近の海上に着弾した。
 2024年1月14日、北朝鮮は中長距離の新型固体燃料式極超音速ミサイルの発射実験を実施した。
 2024年1月15日、北朝鮮の金正恩総書記は、最高人民会議で、韓国との統一はもはや不可能であり、憲法を改正して韓国を「第一の敵国」に定めるべきだと述べた。
 そして23日までに南北統一を象徴する記念碑「祖国統一三大憲章記念塔」が破壊された。
 2024年1月19日、水中核兵器システム」の試験を実施したと発表した。
 水中兵器システムは、核ドローンで海中での核爆発により大規模な放射性津波を発生させ、敵の海域に攻撃を仕掛け、敵海軍打撃群や主要な敵作戦港を破壊するというロシアのポセイドン魚雷に似た物である。

 これらの北朝鮮の動きを受けてアメリカ、韓国、日本は、抑止効果を狙って演習を増加している。
 金正恩総書記は、朝鮮半島で戦争が「いつ勃発しても」おかしくないとし、軍事力の増強に努めていると繰り返し述べている。

 北朝鮮は何の制約が解除されたのか?
 北朝鮮は、何を狙った動きをしているのか?

PAGE TOP