得体の知れない病気の発生とガン患者の増加

Views: 68

 2024年4月頃から風邪の様な咳が出て熱が出る症状の病気が発生している。個人病院では咳止めと解熱剤の対処療法で処置をしたが症状が改善しないので大学病院に行くと一部が肺炎になっていると診断される人が増えているが、世界的に見ても感染性の呼吸器疾患が増加している。また、致死率が約30%と呼ばれる劇症型溶血性連鎖球菌感染症(人食いバクテリア)の急増、ガン患者数も静かに増加している様である。

 今まで聞いた事の無い病気の発生、ガン患者数増加の要因は何なのであろうか?

PAGE TOP