イランに対する暗殺は何処が実行しているか

Views: 61

 2024年5月20日0134i、西側外交筋は、ライシ大統領、ハシェム外務大臣、アブドラヒアン東アゼルバイジャン州知事、ラフマティ将軍の搭乗するヘリが墜落し誰も助からなかったと述べている。
 イラン安全保障理事会は妨害行為が関与している。「天候のせいなら、なぜ他の2機のヘリコプターは目的地に到着できたのか?」と発言した。

 イスラエルはヘリコプターが墜落した時刻を世界中が誰も知らなかった時に、「Israel War Room」のアカウントでXに小型ヘリコプターの写真のみを投降した。

 コロラド州立大学大気科学共同研究所から墜落当日のデータはすべて削除されている。

 ロシアの政治学者であり中国学者でもあるニコライ・ヴァヴィロフは「イギリスとアメリカは東側との闘いで最終段階に移ったのか、ロシアと中国を支持する政治家全員を殺害しているのだろうか?」と発言した。

 22日i、イラン国家警察長官が暗殺され、その後イラン諜報機関長官が暗殺された。

 22日i、ロシア軍は南部軍管区で戦術核兵器の演習を開始した。この演習では実際の核弾頭が使用されている。

 イラン要人の暗殺は何処が仕掛けているのか?
 今後の中東情勢はどの様に変化し、東南アジアへも影響が出て、台湾紛争・戦争が開始されるのか?
 ロシアの戦術核兵器の演習は何を意味しているのか?

PAGE TOP