中国の諜報機関に対する日本人の認識間違い

Views: 34

 インターネットで「中華人民共和国の諜報・情報機関」と検索すると以下の記事が出て来る。
 中国人民解放軍総参謀部第二部
 中華人民共和国国家安全部
 以下略

 此処に最も重要な海外での諜報・工作活動をする機関が表示されていない
 中国人民解放軍総参謀部第二部(以下:PLA二部)は自衛隊工作において多大な成果を上げている。
 中国諜報・情報機関とネット検索しても表示されないこの機関は日本において首相経験者、大臣経験者の政治家を取込み、各省庁のキャリアを取込み中国に関連する重要な情報を収集している。
 アメリカも日本国内で、この機関の動きに注意し調略を仕掛けているが、キャリアである日本人容疑者のシッポを掴んでいない。

 今後、日本の政治家とキャリアが関わる記事を掲載しようと思っているが、この機関の実態を知らなければ何が問題なのかと思う事になる。

 日本で著しい成果を上げている中国の諜報・工作活動をする機関名と活動実態は?
 この機関に入っている日本の組織を見れば大国間の実態が分かる事になるが、日本の組織の名称は?

PAGE TOP