ロシアはイギリスのミサイルが領土を攻撃した場合の報復としてSLBMを発射する核ミサイル搭載潜水艦を大西洋に展開したのか

Views: 56

 2024年5月下旬、ロシアはOTHを攻撃された後にSLBM潜水艦を大西洋に展開させた。
 ロシアのメドベージェフは「ストーム・シャドウ・ミサイル/SCALP-EGはウクライナ軍の軍人によってではなく、ウクライナに到着したイギリス人とフランス人によって制御されている。」と明らかにした。

 イギリスのキャメロン外相が、ウクライナにはロシアの目標を攻撃するためにロンドンから提供された武器を使用する権利があると発言した後、ロシア外務省のザハロワ報道官は、ウクライナがロシア本土を攻撃するために英国の兵器を使用した場合、ロシアは英国の目標に対する攻撃で対抗するだろうと述べた。

 西側はイスラエルからの支援要請と「ある組織」からの指示によって動かされ、引くに引けない状態である。
 ロシアは既にNATOに対し「ウクライナからロシア国内に攻撃すれば、これを実行する国々の意思決定センターを破壊する。」と繰り返し警告している。

 アメリカのバイデン大統領がウクライナに対し、ロシア内陸部の攻撃を許可した日にウクライナから発進した複数の攻撃ドローンは約1200kmを飛行してタタールスタン共和国を攻撃し、クラスノダール地方の石油貯蔵施設を破壊した。

炎上するクラスノダール地方の石油貯蔵施設

pic.twitter.com/kpQIXDCdxC

 ロシアのSLBM搭載潜水艦が大西洋へ移動は何に備えた動きか?
 ロシアは何処を攻撃するのか? 

PAGE TOP