F35戦闘機が電気系統に不具合があり警報灯が点灯したため2機が青森空港に緊急着陸した原因

Views: 39

 2024年6月3日、空自三沢基地F35戦闘機2機が日本海上空を飛行中、1機に電気系統の不具合があり警報灯が点灯したため不具合機と僚機の計2機が青森空港に緊急着陸した。
 4日1010頃、F35戦闘機2機は整備と点検を終えて青森空港を離陸し三沢基地に帰投した。
 空自三沢基地の基地渉外室は「航空機の性能に関わることなので答えられない。」としている。

 報道記事の内容を見る限りでは、不具合が発生した事による緊急着陸であり特筆されるものはない。
 しかし、アメリカは不具合が発生した本当の原因を知っている。同盟国である日本には知らせていない。

 空自三沢基地のF35戦闘機は日本海で何をしていたのか?
 F35戦闘機に発生した不具合発の原因は何か?
 空自F35戦闘機が何の対策・処置をしなければ近い将来どうなるのか?

PAGE TOP