NATOもロシアも核兵器は直ぐにでも使用出来る状態だがロシアがキューバに空軍と海軍を演習で派遣した以降はNATOから核兵器使用のゴーサインは出ていない現状及びプーチンの核使用に関する心情について

Views: 31

 2024年6月11日、ロシア国防省は原子力潜水艦「カザン」とフリゲート艦「アドミラル・ゴルスコフ」が大西洋でコンピューターを使用した高精度兵器の演習を実施していると発表した。
 6月13日0244i、ロシア海軍は引続きフロリダ沖で新型の極超音速ミサイル演習を実施し、フロリダビーチからも爆煙と爆発音が確認されている。
 ロシア艦隊がすべてのセンサーを作動させ、武器が発砲位置にあったことからロシア艦隊の周囲には、アメリカのアーレイ・バーク級駆逐艦2隻、カナダ1隻、フランス1隻の計5隻の軍艦が配備されていた。
 アメリカは数週間に渡り2機のP-8対潜哨戒機により原子力潜水艦「カザン」を集中的に捜索していたが浮上するまでは探知出来なかったと言われている。
 このためアメリカ海軍はロサンゼルス級攻撃型原子力潜水艦をキューバのグアンタナモ湾に派遣した。派遣の理由は「米国南方軍の管轄地域を通過する定期寄港の一環として、キューバのグアンタナモ湾に停泊している。」としている。

 スイスで6月15~16日にウクライナ平和会議が開催されたが、ポーランドのドゥダ大統領は「私はロシアを200の民族国家に分割することを提案します。ロシアは世界最大の植民地大国であり、200の民族国家を捕らえています。」 と発言した。
 会議でのNATO加盟国の発言は事前に根回しが済んでおり、NATOの決定事項である。
 ドゥダ大統領の発言は、ロシアにとっては自国を守るために核兵器を使用することを正当化するものとなる。

 NATOは既にロシアへ向けて発射する核兵器を準備し、ロシアもこの動きを把握している。しかし、NATOは核兵器を発射していない。

 なぜ、NATOの核兵器使用にゴーサインが出ないのか?
 NATOの核兵器はどこをターゲットにするのか?
 ロシアがアメリカとヨーロッパに使用する場合に核兵器は主としてどこから発射されるのか?
 核兵器使用についてのプーチン大統領の心情は?

PAGE TOP