間もなく開始されるイスラエル(欧米)とレバノン・ヒズボラ(イラン・ロシア)の闘いはイスラエル側が不利になる可能性がある

Views: 39

 2024年6月19日、イスラエルはレバノンのヒズボラに対して「6月24日までにレバノン南部のリタニ川の北側から撤退しなければイスラエルはレバノンに攻撃を仕掛ける。」とのメッセージをアメリカのアモス・ホッホシュタイン特使を通じて送った。

 ヒズボラは即座にホッホシュタイン特使に拒否を伝え、併せて「イスラエルはレバノンに対して、レバノン国民がレバノンのどこに住むことができるかを指示する権利はない。」と伝えた。

 同日、イスラエル国防軍(IDF)はレバノン攻撃の作戦計画を承認したと発表した。
 既にレバノン南部でのヒズボラとの全面衝突が決定したイスラエルは35万人の予備役を招集した。

 この闘いはイスラエルとレバノンの地域だけに留まらず拡大する。

 なぜ、イスラエルとレバノンの地域だけに留まらないのか?
 イスラエル側が不利になる可能性があるのはなぜか?

PAGE TOP