観光立国を打ち出している日本であるが感染列島になる蓋然性は高い

 日本は外国人アドバイザーの意見を受け入れ観光立国推進基本法 を施工し観光立国として歩み出したが近隣には敵になったり味方になったりする国からも観光客が訪日している。このことは外交政策とも連携し安全保障上のリスクも軽減する努力が必要であるのになにも対策をとっていない。本来観光立国はある程度広大な地域を持つ国がするべきものであり狭い日本の国土ではリスクが高く今回の新型コロナウイルスの感染が中国で確認された時点でにシャットアウトするのが通常である。アメリカのように広ければ一部を受け入れエリアに設定し移動を制限し安全を確保することも可能であろうが狭い国土では全面的なシャットアウトになり安定した訪日客からの収益確保は難しい。
 それよりも収益を重視するあまりに通常の危機管理ができない国に日本はなった。患者が検査を要望しても病院側は検査しない等の変な動きをしていることは、これから日本国内でも急速に感染が広がり感染列島になる蓋然性が高い。政府としては高齢者で病気持ちの人々が感染するリスクが高いことに注目し年金と医療費削減を狙っているのであろうか?しかしそうなればオリンピックでも訪日客が来なくなるのは目に見えている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です