危機管理の本質は情報を早く入手し速やかに対処方法を決定すること

  2020年1月31日北朝鮮は新型コロナウイルスの拡大の予防として中国との鉄道路を閉鎖した。これはかなり早い動きであり欧米から新型コロナウイルスの感染力に関する情報を知らされたことによるものであるが、その対応は迅速であり危機管理としての初動処置も素晴らしいものである。
 日本政府の新型コロナウイルスへの対応は後手に回っている感が拭えない。考えられることは、もしかすると日本には同盟国であるアメリカから日本政府には情報を提供して貰えなかったのかもしれない。或いは情報を貰った日本政府は金が無いため何もしないことにしたのかもしれない。
 この様に対応を見ているだけでも様々な事が分かるものであり、近い将来に重要な役割を担って貰う北朝鮮を現段階で潰すことは避けたいという欧米の意志が覗われる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です