支配層の本当の実力者達は何故裏に隠れ指示するのか

 このブログでも書いてきたが支配層の本当の実力者達は裏からコントロールしている。理由は単純である。
 仮に実力者が表で仕切ってしまうと裏に隠れた時と同じで上手く配下の組織を運営できるが、それは一代限りとなってしまうからである。運営者が計画通りに交代したとしても、不慮の事故等で突然交代したとしても配下の組織及び国民は見ているので前の人は良かったが今度の人はどうなのか?上手くやってくれるのか?等で常に100%の人が賛同してくれる訳でも無く必ず不満を持った人々が出てくる為に反対活動等が生ずる。そのため支配は一代目よりも二代目以降が不安定になるのである。
 これが常に裏に隠れている場合には指示のみを与えて実行組織をコントロールできるとともに不都合な場合には表に出ている組織を交代させれば良いだけで裏は交代しようが影武者であろうが長年に渡る支配が可能となるためである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です