COVID-19を散布した勢力は中国の一帯一路を制したのか

 中国は一帯一路を推進しヨーロッパにまで中国の影響力を示したが、中国との貿易関係が良好なイタリア、スペイン、フランス、ドイツでのCOVID-19の感染被害が増加傾向にある。当初、中国の武漢でCOVID-19感染被害が拡大したが、武漢は東西南北に進む際の要衝となる主要都市なのである。これらの事からCOVID-19を散布した勢力は中国の一帯一路を制したと言っても良いがこれは表向きの事である。
 裏では世界を環流するチャイナマネーにブレーキを掛けたことが最大の成果である。チャイナマネーには中国政府と華僑のものがあり、これを抑えた事の方が重要である。
  COVID-19を散布した勢力はヨーロッパを犠牲にし、世界の経済システムを犠牲にして中国の影響力を弱め、復興に時間がかかる様に仕向けた事は、一帯一路を制したと言って良い。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =