日本の医療崩壊の時期はいつ頃か

 日本は都市封鎖、公共交通機関の停止、強制力を持った外出禁止措置ができなかったこと及び日常的に使用するに医療物資までも海外からの輸入に頼ったことによる慢性的な不足で医療関係者は既に精神的にも疲弊して来ている。医療用のベッドが不足するとの見積もりで都内のホテルを借り上げて臨時の病棟にする様であるが、医師、看護師、医療器具の処置はどうするのであろうか?PCR検査も塩基配列が変化したウィルスには効果が無いともっともらしい理由で検査は有効ではないと発言している者もいるが、ベースのウィルスが同一であれば有効なのである。PCR検査を意図的にして来なかったツケがこれから出てくる。
 韓国は過去のインフルエンザウィルスで痛い目にあっているため、今回の検査も積極的に実施した事で感染者数は多いが、今後の対策を効果的にできるため治療成果が出てくるであろう。教訓を生かすとはこういう事ではないだろうか。
 日本は感染治療の専門家でさえもCOVID-19は空気感染しないと間違った見解であり(ここでも日本は正確な情報を提供されていない可能性がある)、また年代及び個人の免疫反応に違いがあるため重篤化する場合とステルス化する場合もあり高齢者だから重篤になるという訳ではない。日本はこれから感染被害が拡大し1~2週間で日本の医療は崩壊する事になる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × three =