検察庁法改正案は誰のためか

 国会議員を訴追できるのは検察官だけであるため、安倍総理は辞職した後に検察官から訴追されないように検察庁法を改正してまで彼らを味方として取込みたいのである。検察官に対する人事権を持つ内閣人事局が国会議員に対する検察官の訴追の動きを事前に掴めば、訴追される前に人事権を行使し、左遷または無難な部署に異動させれば良いのである。本来してはならない人事権の行使であるが、安倍政権は独裁政権であり国民の声は無視して人事権を行使するのは間違いなく、そのための準備であると思われる。
 これは三権分立の崩壊であり、検察庁法改正案が通れば、今まで以上に好き勝手なことができるのである。犯罪に手を染めても安心して悪さができることである。変な国になったと思う。独裁政権の持つ人事権恐るべし。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + four =