特別定額給付金申請の違いで受け取る時期は大きく変わる

 特別定額給付金の申請にはオンラインによる方法と書類の郵送による方法があることは皆さんも理解していると思う。常識的に考えれば郵送する場合には郵便局員の配達に要する時間を考慮すると受付の処理は当然オンラインの方が断然速いのである。
 しかし、オンラインで市役所のパソコン端末に届いた申請と、市役所等で郵送での申請を受領した後の処理は郵送された申請書類の方が速いのである。そんなバカな話はないだろうと思われるだろう。実はマイナンバーカードの処理プログラムは特別定額給付金に対応していなかったのである。
 実際に市役所等ではどの様に処理されているか確認すると。オンラインで届いた申請書を二名一組の職員で処理している。一人はオンラインの申請画面を確認し、もう一人はマイナンバーカードに登録された内容を確認し読み合わせの様にして手作業での確認をしていると言うのである。何とも間抜けな話であるが事実である。
 そうすると首都圏の大都市の市役所はオンライン申請者の数が多く処理が大きく遅れて行くことになる。結果として郵送で申請した方が早く特別定額給付金を受領できると言うことである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です