やはりオリンピック開催にこだわる日本政府と東京都

 2020年6月4日、小池知事はオリンピック・パラリンピックについて「合理化すべきところ、簡素化すべきところを進めていく。国、組織委員会と連携しながら考えていきたい」と述べた。一方の安倍首相は完璧なオリンピックをやりたいと考えているとの話が聞こえて来ている。それはオリンピック経費で日本として2兆円、その内東京都が8千億円の支出であり、それを回収して儲けるためであるという。今後、開催に向けた政府・官僚・東京都のウソが増えてくると思われる。既に都知事は学歴を詐称してるが。
 ではIOCはどうなのかというと、保険に入っているため無観客でもテレビ放映されれば大丈夫な様であるが、それでも本音として東京オリンピックの開催は嫌がっている様である。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + thirteen =