北朝鮮による南北共同連絡事務所の爆破

 2020年6月16日、北朝鮮は開城市にある南北共同連絡事務所を爆破した。これは6月13日、金正恩の妹である金与正が爆破すると予告していたものである。
 その目的は韓国をコントロールするための圧力であり、米国に対しては北朝鮮は健在であるとのメッセージである。
 日本のマスコミは以前から北朝鮮に踊らされている。金正恩が姿を見せていないと言っては専門家をテレビに出演させ、評論家からの意見を放送させる等を繰り返して来た。今回の件は事実のみを報道し後は静観していれば良いのであるが、やはりマスコミは騒いでいる。本来オリンピック報道を予定していたが延期となり、報道するものが無いのであろう。
 北朝鮮も支配層達の指示で動いているため、ある意味では危機を演出するための役者なのである。そのうちに朝鮮半島は統一されるため今後も静観することが正解なのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 10 =