日本国内のCOVID-19の感染者は、まだ1種類目のウィルスであり、無症状病原体保有者は数十万人規模で存在

 海外情報関係者は、日本国内ではPCR検査数が少ないためCOVID-19無症状病原体保有者は数十万人規模で存在していると見積っている。本来は韓国と中国の様に多くのPCR検査をしておかなければ感染ルートを抑えられないと言うことである。そして日本で感染被害を出したCOVID-19は、まだ1種類目のウィルスであるため海外の様な大量の感染者と死亡者を出していない。しかし無症状病原体保有者が存在することは体内でウィルスが変異している可能性がある。政府のウソ・ゴマカシにより感染者数が少なくなっているように見せているだけである。政府のウソを知っている国内の大手企業は警戒を解いておらず、県境越えはするなという社員への指示は継続している。
 これから梅雨も明けて暑さが続けば、当然体力も低下しウィルスに感染し易くなるため、まだまだ注意は必要である。
 COVID-19ワクチンについて安倍首相は「すごく早ければ、年末ぐらいには接種できるようになるかもしれない」と発言したが、遺伝子操作によるワクチンでは一時的にしか効かず、効く人と効かない人が出るのは当然であり、長期的に見るとCOVID-19に餌をやるような行為である。それでも製薬会社を儲けさせるため実行するのであろう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です