新潟の中国領事館建設時期は極東アジア情勢と連動する

 新潟の万代小学校跡地へ中国領事館を移転・建設する計画は現在、地元市民の反対で進んでいない。また中国国内の新型コロナウィルス感染が終息していないため、経済も落ち込んでいるため「新型コロナウイルス以前の様な力は、中国にないのではないか」と言う人もいる。しかし、現在の中国経済が更に落ち込んだとしても新潟の中国領事館建設は必要な時期が来れば建設されるのである。もし現在の中国が共産党支配から解放され共和制の中国になったとしても新潟の中国領事館建設は行われるのである。
 市民の反対があったとしても日本政府が許可すれば建設は進むことになる。日本政府も日本牧場の使用人であるためオーナーが指示を出せば従うしかないのである。
 では、連動する極東アジア情勢はどの様なものなのか。先ずは朝鮮半島の統一、東日本への移民を増加させ新統治体制を創るため等であり、単一の事象として起きているものはなく、全て連動しているのである。
参考 2025年頃の日本の状況

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + twelve =