日本国内に環流する中国マネーを調べる欧州諜報機関

 現在、ヨーロッパの諜報機関は日本国内で環流する中国マネーを調べているが、日本の情報機関は全く興味を持っていない。では何故ヨーロッパの諜報機関が日本国内での中国マネーを調査しているのか。それは今後、予定されている東日本の新たな統治体制に及ぼす影響があるためである。金の流れる量が想定範囲内であれば白人の望む体制での統治が可能であるが、想定範囲を超えた金が流れている場合には東日本統治に中国の影響が大きくなり、白人の影響力が大きく削がれるためである。
 情報収集の具体例を挙げれば、ホテル経営において客室清掃の従業員が次の客が使用するグラスを汚れたタオル等で拭く、トイレを拭いたタオル等で客室のテーブル等を拭いている等の表には出ない情報を内部の協力者を獲得して収集をしているのである。これは一時期ニュースでも報じられた中国国内の一流ホテルで実際に行われていた中国式の客室清掃の要領であり、ホテル経営者の名前が変わらなくても、資金は中国から出ているということになる。
 またコロナ不景気の時代に首都圏の一流ホテルを北海道の不動産会社が買い取ったとなると、名義は不動産会社でも資金は中国からの可能性があると言うことである。こうした個別の情報を基に確認作業を進めて行くことで実態が把握できるのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + twelve =

次の記事

太陽の本当の姿