新型コロナウィルスワクチンは必ず使用される

 2020年9月9日、新型コロナウィルスワクチンを治験中のアストラゼネカ(英、オックスフォード大学と共同開発)が「臨床試験参加者にワクチンを接種後に重い副反応が出たため、日本法人も含め治験をいったん止める」と発表した。
 重い副反応とは、体内に炎症が発生しているらしく、人によって炎症箇所が違う様であるが、このまま終わることはない。製薬会社は金儲けのために必ず、このワクチンを使用する。日本政府も買わされるので国民に接種させるための動きをする。
 今、日本ではマスク着用を促しているが、市販の不織布製マスクではマスクと顔の隙間から大量の飛沫が出ており、手作りマスクでは不織布と同様に隙間から出る飛沫の他にマスクを通過した飛沫が出るため効果は無いのであるが、他人の目を気にする日本人にはマスクを外す事は難しいであろう。この洗脳的な施策が、次の段階であるワクチン接種でも自発的にやった様に仕向けられるのである。不思議なことにマスク着用を義務づけた国では、その後に感染者が増加しているのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × three =